犬のブドウ球菌:症状、治療、 予防

「ペットをあらゆる逆境から保護しようとしても、突然いくつかの痛みが現れます。犬のブドウ球菌はかなり一般的な病気です。」

ペットは清潔に保たれ、すべてがペットに対して行われます。 予防接種、彼らは世話をされ、大事にされています。

しかし、動物をあらゆるものから保護することは非現実的であり、犬は ブドウ球菌などの感染症が発生します。

「スタフィロコッカスは、うっ滞状態の犬の皮膚に常に存在します。同時に、健康な免疫は、動物を感染の発生から保護します。

スタシスの犬のブドウ球菌の皮膚 常に存在します。 同時に、健康的な免疫は動物を保護します 感染の発生から。 ただし、夏には、犬が 長い散歩をし、他の多くの人と接触します 交配時と同様に、個人は「ブドウ球菌の時代」を迎えます

内容

  • 1犬のブドウ球菌とその原�
  • 2犬のブドウ球菌:症状とその認識
  • 3犬のブドウ球菌とその治療方法
  • 4開発を防ぐための予防措置 犬のブドウ球菌

犬のブドウ球菌とその発生の原�

スタシスの犬のブドウ球菌の皮膚 常に存在します。

同時に、健康な免疫は動物を発育から保護します 感染。

しかし、夏には、犬がより頻繁に長く歩くとき、そして 彼らは多くの他の個人と接触します 交尾すると、「ブドウ球菌の時代」が訪れます。

動物にダニがある場合、それは ブドウ球菌の発生に寄与する可能性があります。 この場合 ダニから首輪を助けます。

特に犬の免疫力が低下した場合、感染は容易になります 皮膚に浸透します。

この場合、病気は2つの方法で行くことができます:

  1. 主要な病理、つまり、ブドウ球菌の原� 病気。
  2. 犬が既に何か病気にかかっている場合の二次形態 ブドウ球菌感染は問題を悪化させ、脅威をもたらします 動物の内臓の損傷。

「動物にノミやダニが存在すると、ブドウ球菌が発生する可能性があります。ペットの状態に注意してください。」

動物のノミやダニの存在は、発達につながる可能性があります ブドウ球菌。 ペットの状態に注意してください

動物の体の状態には独自の特徴があり、 感染に対して抵抗力がある、またはその逆-傾向がある 彼女に。

しかし、症状に寄与するいくつかの要因があります 病気、およびその発生に貢献しています。

これらには以下が含まれます。

  • 糖尿病または高含有量の存在 炭水化物;
  • ビタミン欠乏、ビタミンの不足はより危険です グループB、A、およびE。
  • 内臓の感染:腎臓と肝臓;
  • 犬のノミの存在、特にダニ、ならびにダニ駆除および 皮膚病につながるアレルギー;
  • 特に免疫力の低下または安定性の欠如 ブドウ球菌ウイルスの原因物質に。

「犬のブドウ球菌は他の病気の発症に寄与する可能性があります」

犬のブドウ球菌は他の犬の発育に寄与する可能性があります 病気

犬のブドウ球菌:症状とその認識

動物の皮膚は感染に反応する可能性があります さまざまな方法で-結節性膿瘍、炎症を起こした丸い斑点 縁のような地殻を持つ 地衣類。

後者の場合、そのような斑点の中央には毛がありません カバー。

動物の病的状態が診断された場合 適時に、治療は良い結果をもたらすことができます。

したがって、最初の兆候を認識できることが重要です 病気。

残念ながら、感染は他の皮膚を引き起こす可能性もあります 病気:

  • 不安を特徴とする耳感染症 走るときの動物、不快な臭いおよび分泌物 病気は顔面麻痺を起こすことがあります(一時的)。
  • 通常、二次感染として現れる膿皮症-いつ 犬はノミに悩まされ、皮膚をとかし、傷口に感染を引き起こし、 その配布を促進する。
  • 過敏症によって引き起こされるアレルギー反応 ブドウ球菌の存在と刺激によって特徴付けられる 皮膚および潰瘍。
  • 粘膜の敗北、合併症につながる- 子宮内膜炎またはパイオメーター。
  • 耳炎、しばしば内耳に損傷を引き起こし、 潰瘍に変わるびらん。 治療が時間通りに開始されない場合、 鼻炎および結膜炎が発生する場合があります。

「犬のブドウ球菌はしばしば中耳炎になります」

犬のブドウ球菌はしばしば中耳炎に変わります

この多様性の症状についても言いたい 犬の黄色ブドウ球菌のような病気、食物に似ています 中毒。

体はそうではないため、ほとんどの若い人はこれに苦しんでいます 完全に形成され、免疫は十分に固定されていません。

病気の経過は嘔吐と絶え間なく複雑です 下痢、急速な脱水につながる 生物。

これらは最も危険な症状であり、不適切な場合 診断すると死に至る可能性があります。

犬のstaphを防ぐために、症状 病気は既知であり、ペットを注意深く監視する必要があります。

これは特に夏に必要です。 動物との接触は 寒い季節。

「犬がブドウ球菌の疑いがある場合は、すぐに獣医に連絡してください」

犬のブドウ球菌が疑われる場合は、すぐに連絡してください 獣医に

犬のブドウ球菌とその治療方法

まず第一に、動物を診断する必要があります 接種または生検のための材料を取ります。

この場合、彼らは通常アレルギーと免疫検査を受けることを申し出ます。 病気。

これは、最初の原因を特定するために行われます。 病気またはそれにもかかわらず彼女への刺激として役立ったものを見つけなさい 開発。

犬でブドウ球菌が発生した場合、治療には まず、皮膚のかゆみの除去、皮膚の傷がつながる 感染を繰り返し、治癒過程を妨げる。

炎症を和らげるには、動物が推奨されます 抗菌成分を含む特別なシャンプーと軟膏。

それは、酵素群の調製物であり得る-リゾチームまたは ケモトリプシン。

刺激の病巣の乾燥と焼uterは通常行われます タンニン、皮膚、プロタルゴラム溶液(2%)または溶液 カリウムミョウバン。

「犬でブドウ球菌が発生した場合、皮膚の傷が繰り返し感染につながり、治癒プロセスを妨げるため、治療にはまず皮膚のかゆみを取り除くことが含まれます。」

犬でブドウ球菌が発生した場合、治療には まず、皮膚のかゆみの除去、皮膚の傷がつながる 繰り返し感染し、治癒過程を妨げる

動物の重度のそうuri症は、トリバスク製剤によって効果的に軽減され、 クロロフィリップ。

刺激の焦点をDimexidumで洗うか、またはに適用できます 彼はノボカインから申請します。

重要! そのような動物の衛生順守 困難な期間は単に必要です。なぜなら、通りを歩いてから、 その結果、再感染のリスクは完全に保護されます あなたのペットは不可能です。

獣医は犬の抗生物質を処方します 3週間、または重度の場合は6週間実施されます。

時々、動物は再感染に苦しみます。 ケースイン この場合は別の病気かもしれません。

おそらく犬は甲状腺機能低下症に苦しんでいます。 しかし、設定 根本原因はいまだに癒しの基礎です 動物。

「獣医師は犬に抗生物質を処方します。これは3週間、または重篤な場合は6週間のいずれかで摂取されます。」

獣医は犬の抗生物質を処方します 3、または-重症の場合-6週間

獣医は、犬のブドウ球菌の治療方法を完全に知っています。 条件に応じていくつかの方法があります 患者:

  1. 特定の免疫療法、アクティブと パッシブフォーム。
  2. 免疫刺激剤と抗生物質の使用。
  3. バクテリオファージの導入。

能動免疫療法には増加が伴います の導入によるブドウ球菌感染に対する犬の耐性 抗原およびトキソイド。

「Antifagin」という薬が導入されることもありますが、場合によっては その種のブドウ球菌に関して、非アクティブであることが判明しました。 犬が苦しんでいます

よく開発された薬剤の導入は、それ自体が証明されています。 特に犬用-ASP、またはブドウ球菌トキソイド 多価。

受動免疫療法、抗ブドウ球菌 過免疫血清。

これは、病気の初期段階での最良の治療法または その表面形状で。

それ以外の場合は、アクティブが優先されます 免疫療法。

免疫刺激薬は治療において非常に良い結果をもたらします 動物。

獣医によると、抗生物質療法のコースは何よりも重要です グループに属する薬物を使用する場合に効果的 キノロン-baytril、cytlox、enroxil。

抗生物質を組み合わせて使用 することをお勧めします-少なくとも 3つの品種。

「抗生物質と免疫刺激薬を動物に投与する場合、それらは中毒性があることを覚えておく必要があります。これを防ぐために、薬を変更するか、感度の閾値を決定します。」

抗生物質と免疫刺激動物の導入により 薬物は中毒性があることを念頭に置いてください。 のために これが起こらないように、薬は変更または決定されます 感度閾値

抗生物質と免疫刺激動物の導入により 薬物は中毒性があることを念頭に置いてください。

これを防ぐために、薬を変更するか、 感度のしきい値を決定します。

バクテリオファージは本質的にウイルスであり、体内への導入 ブドウ球菌感染の死に貢献します。

この方法は非常に効果的です。 しかし、病気のどのコースでも 局所治療と一般治療の両方が処方されます。

「この病気を避けるためには、まず、犬は強い免疫力を持ち、感染の侵入に耐えることができなければなりません。また、病気の動物やブドウ球菌が疑われる動物に接触する機会を与えてはいけません。」

病気を避けるために、まず、犬は 強い免疫力を持ち、侵入に耐えることができます 感染。 また、連絡を許可しないでください 病気の動物または疑いがある人 стафилококк

ブドウ球菌の発生を防ぐための予防措置 犬で

まず第一に、犬は強い免疫力を持たなければなりません。 感染に耐えることができます。

また、患者と接触する機会を与えないでください 動物またはブドウ球菌の疑いがある人。 で この場合、安全にプレイすることをお勧めします。

所有者は、皮膚の状態を注意深く監視する必要があります あなたのペットと検出時にタイムリーな行動を取る 始まりに最小限でも似た記号 病気。 その後、犬は常に健康になります。

犬のブドウ球菌:症状、治療、予防

犬のブドウ球菌。 あなたの愛するペットをそのようなものから守る方法 ブドウ球菌のような病気? その発生の原因は何ですか? 病気の治療と予防の専門家の推奨。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: