子犬の最初の予防接種:赤ちゃんを保護する方法 危険な感染

「科学の花崗岩をかじる前に、子犬に予防接種をする必要があります」

家の中にふわふわのしこりが現れ、すべての家庭に触れました その即時性? あなたは正しい選択をしました!

時間が経つにつれて、不器用な子犬はハンサムなハンサムな男に変わります、 ゲームパートナー、ガード、コンパニオン。

それまでの間、赤ちゃんが新しい環境に落ち着くようにすべてを行う必要があります 家。

そして、これにはほんの少しだけ必要です:愛、忍耐、正しい 栄養、そしてもちろん、感染に対する保護。

愛情のある所有者のみがペットを保護できます 病気。 そして、予防接種はこれに役立ちます。

「子犬の予防接種は、病気から体を守るために必要です」

子犬を予防するためには、子犬の予防接種が必要です 病気

内容

  • 1予防接種:予防接種について知っておくべきこと
  • 2種類の予防接種
  • 3犬の予防接種スケジュール
  • 4最初の予防接種のために子犬を準備する方法
  • 5予防接種の効果

予防接種:予防接種について知っておくべきこと

犬は、人間と同様に、さまざまな病気にかかりやすいです。

子犬は特にそれらの影響を受けやすく、これはすべてに適用されます 小型犬のような犬種 シッパーケ、パグと ポメラニアン、そして大きなものには、 ゴールデンレトリバー、土佐乾 クバス。

この期間中、所有者は主に対処する必要があります 感染症および侵襲性疾患。

市内に住んでいる飼い犬の感染の確率、 100%に近づきます。 これは誇張ではなく、管理されていないことの結果です 犬ブーム。

野良犬と不衛生な状態は感染者の数を増やす 動物。

しかし、ウイルス感染では、すべてがそれほど絶望的ではない、彼らは簡単です 治療するよりも警告する。

効果的かつ効果的な手段は予防接種です。

2006年のアメリカ協会の後 犬の予防接種に関する原則を分析し、登場 ワクチンリストを更新しました。

これらは3つのカテゴリに分けられました。

  1. 基本(バイタル);
  2. 非コア;
  3. 推奨されません。

最初のグループには、狂犬病、肉食動物のペスト、 パルボウイルス腸炎。

2番目のグループは、イヌのパラインフルエンザに対するワクチンです。 レプトスピラ症、アデノウイルス、腸炎。

一般的なワクチンに加えて、あまり人気のないものがあります。 白癬から刺す(それは2から与えられます 月)およびピロプラズマ症。

「予防接種プロセス中、子犬は飼い主のサポートが必要です」

予防接種プロセス中、子犬はサポートが必要です 所有者

予防接種の種類

発生する免疫は、使用するワクチンと方法によって異なります。 体内に導入します。

既存のすべてのワクチンは、2つのタイプに分類できます。

  • MLV、または生ワクチン(改変または弱毒化 ライブウイルス);
  • KV、または「死んだ」ワクチン(不活化)。

最初のケースでは、弱毒生ウイルスが体内に導入され、 ペットを傷つけることはできませんが、の開発に貢献します 動物の体内で持続的な保護。

この場合の免疫はすぐに生成されますが、持続します 数年間。

このタイプのワクチンは、ほとんどの場合、凍結乾燥されて製造されます。 ワックス状です。

「生」ワクチンには、免疫力を高める薬が含まれています 病原体に対する:

  • ペスト
  • 肝炎;
  • パルボウイルス腸炎。

「予防接種計画は、飼い主のライフスタイル、観光客の習慣、環境を考慮すべきです」

予防接種のスケジュールは、ホストのライフスタイルを考慮に入れる必要があり、 旅行習慣、環境

死んだ「ワクチンは異なる働きをします。生きたウイルスが必要な場合 かなり入力すると、死者はもっと必要になります。

しかし、彼らは体内で増殖することはできません。 この場合 一緒に投与される追加の物質も必要になります ウイルス。

このタイプのワクチンを使用した後の保護特性 それらはすぐに生産されるのではなく、ワクチン接種を繰り返した後にのみ生産されます。

彼らは数週間の休憩で作られています。

「死んだ」ワクチンは、より頻繁に液体の形で流通ネットワークに入ります。 彼らの助けを借りて、彼らは病原体と戦う:

  • レプトスピラ症;
  • 狂犬病;
  • パラインフルエンザ。

「最初の予防接種は、8週目に子犬に与えられますが、今度は赤ちゃんの体が母性免疫によって保護されます」

犬の最初の予防接種は、その8週間前に行われます 赤ちゃんの体は母性免疫によって保護されています

獣医は、予防接種に生きた子犬を使用することをお勧めします ワクチン。」

しかし、すべてのルールには例外があります。 定着した 「死んだ」狂犬病ワクチン。

効果的で信頼性が高い:2回目の注入後、ほとんど 犬はこの危険に対する生涯免疫を受け取ります 病気。

重要! ワクチン接種には1回の投与が必要です。 ワクチン。 体重、年齢、品種は関係ありません。

に含まれるウイルスの種類の数に応じて ワクチン、彼らは単一のワクチンと複雑な(多価)に分かれています ワクチン。

モノワクチンは1つの病気と戦い、複雑なワクチンは戦います いくつか。 ワクチン接種は皮下および 筋肉内。

異なる薬の投与方法を組み合わせることは不可能です。

「予防接種の前に、子犬が他のペットと通信することを許可してはいけません」

予防接種の前に、子犬が他の人と通信することを許可してはなりません。 ペット

犬の予防接種スケジュール

予防接種スケジュールは、飼い主のライフスタイルを考慮に入れる必要があり、 旅行習慣、環境。

子犬の最初の予防接種は、この時点まで8週間で与えられます 赤ちゃんの体は母性免疫によって保護されています。

母体抗体は牛乳とともに幼児に届けられ、 幅広いアクション。

危険な微生物、ウイルス、バクテリアを中和するだけでなく、 ワクチンの成分もブロックします。

質問へ:子犬、獣医の最初の予防接種をいつ行うか 彼らはあなたがこれで急ぐべきではないと言う。

経験豊富な医師が、いつ、何時かを判断します 子犬の最初の予防接種を行う必要があります。 通常これ 8-10週間。

母性免疫はこの時間までに弱まり、抗体の効果 最小限になります。

「ノミやダニの存在が疑われる場合、予防接種の前にコートを処理する必要があります」

ノミやダニの存在が疑われる場合は、処理する必要があります 予防接種前のウール

生後8〜10週間で、子犬は次の予防接種を受けます。

  • パルボウイルス腸炎;
  • 肉食ペスト;
  • 感染性肝炎;
  • パラインフルエンザ;
  • レプトスピラ症。

Nobivak DHPPiワクチンとNobivakは、これに適しています。 レプト。

3〜4週間後、ワクチンを繰り返し、ワクチンを追加します。 狂犬病ノビバック狂犬病。

その後、医師のアドバイスに基づいて、予防接種を繰り返します 歯の変化。

次の再接種は12か月後に行われ、 毎年。

「予防接種の前に、ワームをペットに追い払う必要があります。予防接種の7〜10日前に行います。駆虫薬の投与量は動物の体重に依存します。」

予防接種の前に、ペットにワームを追い払う必要があります。 予防接種の7〜10日前にこれを行います。 駆虫薬の用量 動物の体重に依存

子犬がそうしないからではなく、予防接種は幼い時に与えられません 感染症にかかる可能性がありますが、非効率的です この年齢での予防接種。

早期予防接種が必要な場合は、必要です どの最初の予防接種があなたの子犬に利益をもたらすかを知ってください。

これはオランダのワクチンNobivak PuppyDHです。 すでに6- 毎週の年齢。

8週間までの子犬への接種は、一部の人にのみお勧めします ケース:

  • 若い母親が予防接種を受けた場合;
  • 赤ちゃんとの接触から保護できない場合 潜在的な感染キャリア;
  • ペットを輸送する場合
  • ごみの子犬の不均一な発達の場合。

重要! 狂犬病予防接種が必要です。 これを許可されている診療所で行うことができます。 それ以外の場合 証明書の発行で時間の問題が発生する可能性があります 動物の輸送。

「完全に健康な子犬のみがワクチン接種でき、mal怠感の兆候はありません」

完全に健康な子犬のみが予防接種を受けられ、兆候はありません mal怠感

最初の予防接種のために子犬を準備する方法

ワクチンは、子犬の免疫システムを穏やかに準備して戦う 危険な微生物の侵入。

予防接種は通常、合併症なしに行われますが、コンプライアンスはありません ルールはここではできません。

  • 完全に健康な子犬のみが予防接種を受けられ、兆候はありません mal怠感。
  • 予防接種の3日前までは、監視する必要があります 動物の温度。 38〜39.30Сである必要があります。
  • ノミやダニが疑われる場合、 予防接種の前にコートを処理する必要があります。 外観を警告する これらの寄生虫は保護ペットに置くことができます 襟。
  • 予防接種の前に、ペットにワームを追い払う必要があります。 予防接種の7〜10日前にこれを行います。 駆虫薬の用量 動物の体重に依存します。
  • 予防接種前および検疫中は表示できません ペット通り。 家に感染をもたらさないために、あなたは必要です 消毒液でドアの前の敷物を扱います。
  • 免疫の通常の形成のために、提供する必要があります 完全な子犬の餌。

「最初のワクチン接種後、12日以内に免疫が形成されます。学期の満了前に検疫が必要です。ワクチン接種後、子犬は無気力になることがあります。

最初のワクチン接種後、12日以内に免疫が形成されます。 締め切り前に、検疫が必要です。 予防接種後の子犬は 緩慢、時には発熱、一般的な弱さ、 下痢 良い栄養はそれを必要とする最低限です 子犬の時間

予防接種の効果

予防接種は専門家に任せるのが最善です。 獣医があなたの選択をお手伝いします ワクチン、スキームを決定し、最初のワクチン接種を行う時期を教えて 子犬。

しかし、彼は子犬の免疫の形成に影響を与えることはできません。

すべてが合併症なく進むために、最初の子犬 予防接種はすべきではありません:

  • 食べ過ぎ;
  • 通りを歩く;
  • 泳ぐ。

最初のワクチン接種後、12日以内に免疫が形成されます。 締め切り前に、検疫が必要です。

ワクチン接種後の子犬は無気力になることがあり、時々観察される 発熱、一般的な弱さ、 下痢

良い栄養は、現時点で必要な最低限のものです 子犬。

あなたは最初のワクチン接種後5日以内に歩くことができます 週。

「最初のワクチン接種後、5週間以内に歩くことができます」

あなたは最初のワクチン接種後5日以内に歩くことができます 週間

永続的な免疫は子犬の15日後に形成されます 再接種。

そうすれば、赤ちゃんを安全に戯れさせることができます。

そして、最初の予防接種の後、子犬を連れて行くだけで子犬と一緒に歩くことができます 日光浴のための手。

それらはくる病の予防に役立ちます。

歯の交換中にペストの予防接種を受けることはできません。

ワクチンはエナメル質に悪影響を及ぼし、子犬の歯は 黄色がかった色合い、最終的に早期に変わります う蝕。

「予防接種カレンダーを無視しないでください。そうすれば、ペットに健康的な生活を送ることができます」

予防接種カレンダーを無視しないでください。 ペットの健康的な生活

予防接種中の子犬の健康状態を監視する必要があります 特に慎重に。

この時点でまだ病気になっている場合は、すぐに 医者に診て これにより、赤ちゃんの可能性が高まります。

結局のところ、若い動物の感染症は非常に急速に発症し、 時には迅速にも。

2日間のof怠感の後にクリニックに連絡した場合、 治療の結果は予測できない場合があります。

簡単な注意は犬の健康と命、そして飼い主を救います- 時間、神経、お金。

子犬の最初の予防接種:赤ちゃんを危険から守る方法 感染症

子犬の最初の予防接種。 子犬を形作るために ウイルス感染に対する免疫には予防接種が必要です。 メイン 予防接種の規則は子犬を準備し、保つのを助けます 彼の健康。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: