犬の潜伏症状の狂犬病 定期予防接種

狂犬病は、全体に広がる致命的なウイルスです 世界。 この病気は顕著な症状なしに発生する可能性があります。 いくつかの形式があり、最も危険なのは暴力です。 治療 感染した個人には存在しません。 動物を救って予防する 集団感染は予防予防接種のみに役立ちます。

内容

  • 1感染の原�
  • 2病気の症状
    • 2.1ワイルド
    • 2.2静か(無関心)
    • 2.3非定型
    • 2.4返却可能(放射)
    • 2.5流産
  • 3治療
  • 4犬の予防接種
    • 4.1重要な条件
    • 4.2副作用
  • 5噛まれた犬の応急処置

感染の原�

「」

キツネは、ウイルスの最も一般的なベクターです。 狂犬病

狂犬病はすべての人に影響を及ぼす致命的な感染症です。 温血の個人。 病気の保因者は野生動物です。 (野ウサギ、イノシシ、フェレット、アライグマ、キツネ、ハリネズミ、コウモリ)、浮遊 犬。

ウイルスは噛まれると唾液で体内に入ります。 病気 脳の炎症を引き起こし、中枢を混乱させる 神経系、麻痺が発生し、動物 死ぬ。

狂犬病の死亡率は100%です。 ウイルスはすべてに広がります 南極を除く世界の大陸。 それはあらゆる犬種の犬に影響を与え、 年齢。

病気の症状

潜伏期間は10日間から3ヶ月続きます、これ フォームに依存します。 特に時間内に感染を検出することは困難です 医学教育を受けていない人。 多くの症状は暗黙的です、彼ら 他の病気を示している可能性があります。

かみ傷が頭に近ければ近いほど、ウイルスはより速く到達します 脳。

病気にはさまざまな形態があります。 症状。

あふれんばかり

「」

野生の行動は無関心と無気力に置き換えることができます 新たな激怒がやってくる

最も一般的で危険なものには、いくつかの段階があります。

  1. 前駆症状。 5〜10日間続きます。 これで 段階の症状は微妙です。 動物は無気力で、眠く、隠れている コマンドに応答しない人々。 時にはすべてが正確になることがあります それどころか、ペットはどこでも飼い主を追いかけ、手をなめます。 注意を必要とし、噛み込もうとしますが、攻撃はしません。 唾液分泌 大量、嚥下、呼吸の問題。
  2. 麻痺。 2〜3日間続きます。 来ています 無関心、動物は食物と水を拒否し、飲み込むことができず、 過度の唾液分泌。 脱力感、la行、または引きずりが観察される 後ろ足。 後に、犬はcom睡状態に陥って死にます。
  3. Man。 最も危険です。 3-5続く 日。 犬は攻撃的で、飼い主を噛まないようにし、 彼女を取り巻く犬たちは、様々な物の顎をつかんで、駆け回っています。 攻撃は予想外に起こり、唾液が泡立ちます。 しばしば来る 喉と顎の麻痺、手足の痙攣。

静かな(無関心)

「」

同様の症状は他の病気によって引き起こされる場合があります。

フォームは4日以内に急速に進行します。 ステージに分割されません。 動物は穏やかで、常にうそをつき、食欲があります 正常ですが、嚥下機能は難しく、豊富です 唾液分泌。 後肢の不安定な歩行または麻痺があり、 咽頭と顎、斜視、流涙、明るい恐怖 光の。

非定型

「」

犬はまた、 ストレス

慢性形態 ヶ月。 この間、ペットは人や他の人に感染します 動物。 症状は暗黙的です:無気力、攻撃性の欠如、違反 消化、嘔吐、消耗。 これらの症状はしばしば 注意、および動物は死にます。

返却可能(放射)

症状が現れた後、しばらくすると消えます 時間、再び発音される。 症状の再発 無期限に続く可能性があります。 このフォー� よく理解されていません。

流産

それはまれであり、専門家によってまだ研究されています。 犬で すべての症状が現れる、彼女は自分で病気に対処する 完全に回復します。

狂犬病の症状が動物に現れるまでに 不可逆的なプロセスが発生します。

治療

狂犬病ウイルスは不治です 犬の症状は獣医に運ばれ、隔離され、観察されます 行動と健康状態。 悪化が顕著である場合、 ほとんどの場合、動物は苦痛を排除するために安楽死させられます。 最終診断は検死で行われ、身体が必要です 破壊(焼き付け)。

犬の予防接種

ペットの命を救うために、予防接種 狂犬病(春または秋)。 Privikaは信頼できる保護を提供します 感染のリスクを排除します。

3回の注射後に強い免疫が現れます。

この時間まで、ペットは危険にさらされており、 感染する。 彼を注意深く監視する必要があります。 リーシュ、野良犬や野生との接触を排除 動物。

「」

サラブレッド犬を繁殖させる場合、予防接種が必要です 狩猟およびサービス犬種の販売、海外旅行の場合、 コンテストに参加するための頻繁な電車や飛行機の旅、 展示会

子犬は2.5〜3ヶ月で最初にワクチン接種されます。 再注入は30日後に行われ、その後毎年行われます。 歩く ワクチンの再投与からわずか10日後に許可され、 免疫はまだ形成されていないためです。

重要な用語

「」

ワクチン接種後の検疫は重要な条件であり、どのような場合でも ケースに違反してはいけません

予防接種手順は安全ですが、必要です トレーニング。 条件ごとの薬物投与後 動物を観察する必要があります。

基本的なルール:

  • 健康な動物だけが予防接種を受けます。
  • 予防接種の30日前に予防措置が取られます helm虫に対して。
  • 自己投与物質は推奨されません。 医者の電源が入ります 医療カードとペットが実行したすべての手順をメモします。 予防接種カレンダーを作成します。
  • 有効期限に準拠して高品質の薬剤を適用し、 保管条件。
  • ワクチン接種後、14日間の検疫が必要です。 物理的 負荷が軽減され、入浴は行われず、ペットとの接触は除外されます 他の動物。 犬は寒くてはいけません 過熱する。
  • 副作用は、15〜30分後または後に発生することがあります 2-3日。 それはすべて体の個々の特性に依存します。 観察のために獣医と一緒にペットを1時間放置するのが良いでしょう。
  • 予防接種は毎年行われます。

副作用

「」

説明のつかないmid病は副作用の1つかもしれません。 動物

ほとんどの犬は簡単に予防接種を受けることができます;その状態 注射後7日以内に正常化するが、時々起こる 次のような深刻な合併症:

  • 皮膚の発赤、かゆみ。
  • アナフィラキシーショック。
  • 食欲不振、嚥下反射の違反、嘔吐、 消化不良。
  • 発熱。
  • 注射部位の炎症、腫れ。
  • 注射部位をシールします。
  • 身体活動の低下、眠気、頻繁なあくび。
  • 流涙、photo明。
  • 多量の唾液分泌。
  • 喘鳴、咳、声の変化。
  • 不安定な歩行、ぐったり、痙攣。
  • 呼吸障害および心拍数。

症状が現れたら、獣医に相談することが重要です。 治療措置のため。

かみ傷の応急処置犬

ペットが予防接種なしで動物に噛まれた場合、彼はする必要があります 応急処置を提供し、唾液の浸透を止めようとする 血:

  1. 犬は家に連れて行かなければなりません。
  2. 手袋を着用し、傷を検査し、周りの羊毛を取り除きます 彼女。
  3. を使用して流水の下でかみ傷領域を洗います 洗濯石鹸。
  4. この後、獣医に電話して狂犬病を管理する ワクチン。

「」

実施された対策は、狂犬病感染を除外するものではありません。

狂犬病は動物と人間にとって致命的です。 タイムリーな毎年のペット予防接種は感染を除外し、 彼の命を救います。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: